肌のお手入れは7つの工程が重要!美しく保つ秘訣はなに?

肌のお手入れは7つの工程が重要!美しく保つ秘訣はなに?

美しい肌を手に入れたいのは誰でも思うことですね。

高い化粧品を使ったり、色々な化粧品を塗りたくったり、、、とにかく、女性はキレイな肌を手に入れる為に努力を重ねていると思います。でもなかなか効果がでない。そんなことはありませんか?

美しい肌になるために化粧品を細かく使い分ける必要はありません。大切なのは、皮膚をキレイに保ち、保湿して、紫外線などの刺激から肌を守ることがとっても重要です。

毎日使うクレンジング料、洗顔料、化粧水、美容液、乳液またはクリームがあれば十分です。その人の肌質にあったものを選ぶことがとても大切なのです。

美しい肌になるために、普段気を付けなければいけないポイントを踏まえて、肌のお手入れ方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

毎日の肌お手入れに必要なことは何?

化粧品はブランドで揃えた方がいい?

必ずしも同じブランドで揃える必要はありません。化粧品を同一ブランドで揃えるいうことはそのブランドの特色(例えば美白、アンチエイジングなど)を目的としたお手入れが出来ますがこだわることはありません。

洗い流してしまうクレンジングや洗顔料は安価なものを選び美肌効果を高める美容液やクリームは高価な成分にこだわることをおススメします。自分に合ったものを上手く組み合わせると良いですね。

 

スキンケアの手順

〈夜の補修スキンケア〉

①クレンジング(メイクや皮脂などの油性の汚れを落とします)

②洗顔(クレンジングで落としきれなかったメイクや汗などの汚れを落とす)

③化粧水(肌を潤し、この後のスキンケアの浸透力をアップさせます)

④美容液(保湿、美白、しわなど、肌の状態に合わせて使う)→⑤乳液・クリーム(栄養と油分を与える)

 

〈朝は保湿するスキンケア〉

①洗顔(寝ている間の汗、枕のシーツのほこりなどを落とす)

②化粧水(肌をうるおし、この後のスキンケアの浸透力をアップさせます)

③美容液(保湿美容液など、肌の調子を整えるタイプを使う)

④乳液・クリーム(栄養と油分を与える)→⑤紫外線ケア(日焼け止めを塗り、紫外線を防ぐ)

※保湿や美白などの二種類以上の美容液を使う場合は、水っぽいものから使うとよいです。

 

クレンジング

クレンジングの目的は、メイクなどの油分の汚れを落とすことです。メイクをした日は必ず落とす必要があります。落とさずに寝てしまうとメイク汚れが酸化して毛穴をふさぎ、、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

洗顔

肌の汚れには、汗、皮脂、アカなど、身体から出るものとほこりなどの外から付くものがあります。こうしたものを落とすのが洗顔です。

 

化粧水

化粧水は、洗顔で不安定になった肌の調子を整え、次に使う美容液を浸透しやすい状態にするものである。

 

美容液

美容液とは、保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている化粧品のこと。肌にダイレクトに働きかけるものなので目的に合わせて選ぶことが大切です。

 

乳液・クリーム

乳液やクリームの役割は、足りない油分を補充し、肌を滑らかにする役割があります。また、化粧水で補った水分を外に出ていくことを防ぐ効果もあります。

 

まとめ

このように、たくさんあるお手入れは一つづつにきちんとした役割があり、どれを怠ってもいけません。毎日きちんと自分にあったスキンケアをすることが、きれいな肌を手に入れる近道かも知れません。

忙しいからと言って、ひとつひとつを面倒がらずに取り組んでみましょう。3週間経ったあたりから少しづつ変化がありました。

肌のお手入れは毎日の積み重ねが重要なのです。

スポンサーリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)