結婚できない女!すべてに疲れてしまった心に火を灯す方法

結婚できない女!すべてに疲れてしまった心に火を灯す方法

 

『結婚』

 

この二文字が女性たちに大きくのしかかってくる時期があります。

親から、

「いい人いないの?そろそろ結婚のことも考えなさい」

と言われるようになったり。

「結婚しないの?」

などと友人や同僚たちから声をかけられるようになったり。

 

また、同年代の友人たちから次々と結婚式の招待状が送られてきて、

「次はあなたの番じゃない?」

とからかい半分に言われてしまったり。

 

昔ほどではないにしろ、今でもなお、

「結婚して一人前」

「女性の幸せは結婚すること」

という意識が世間には根強くあるようです。

 

それに苦しめられている女性は少なくありません。

結婚したい。

でも、結婚できない。

まわりからのプレッシャーもつらい。

結婚という二文字に押しつぶされてしまいそうになっている「結婚できない女性」たちが、それをはねのけ、また立ち会が得るためにはどうすればいいのでしょうか。

結婚にまつわる悩みを抱える女性たちの解決法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

結婚できない女性の悩み3パターンとそれぞれの解決法

「結婚したいのにできない」と悩んでいるとき

結婚について悩みがある女性にも、いくつかのパターンがあります。

第一に、「結婚したいのに、結婚できない」という場合。

 

長年付き合ってきて、そろそろ結婚かしらと考えていた恋人と別れてしまった。

仕事が忙しすぎて、恋愛などするヒマがなく、彼氏もいない。

結婚したいと思っているのに、いい出会いがまったくない。

 

まさに、追い込まれた状況です。

結婚こそ幸せの象徴であると考える女性が、それなのに自分が結婚へとたどり着く道をまったく見出すことができないとすれば、ひどく焦るのは必至でしょう。

 

焦りは自分から余裕を奪い、視野を狭め、ますます自分自身を追い詰めます。

どこかに結婚への最短経路が転がっていないものかと、探し回るのをやめられなくなってしまうでしょう。

 

現状を変えられるのは自分だけ

 

しかし、絶対に結婚に結びつく確かな道など、この世にはありません。

結婚相談所に依頼しても、お見合いのツテをたよっても、結局は2人の相性が合うかどうかで決まることです。

もちろん、自分の意志だけでなく、相手の意志も関わってきます。

また、適当に相手を見繕って結婚できたとしても、それが必ず幸せへと結びつくとは限らないのです。

 

一方で、結婚するには回り道のように思える方法が、実は最短経路であったという場合もあります。

要するに、今結婚への道が見つからないなら、他の方法をとるべきです。

 

なるべく自然な出会いがいいと合コンを繰り返しても出会いがないなら、敬遠していた親戚の進めるお見合いにむしろ挑んでみるべきでしょう。

 

結婚相談所に相談しても埒が明かないのであれば、いっそ習い事をはじめてみる。何らかのサークルに参加してみるなど、もっと別の方向へ出会いを求めてみてください。

 

待っていても、結婚できない現状は変わりません。

自分から行動を起こして、結婚できない現状を変えていくしかないのです。

 

まわりに置いていかれそう、と焦っているなら

確かに、結婚できない。

しかし、結婚したいわけじゃない。

でも、まわりは次々に結婚していて、置いて行かれそうで怖い。

 

そんな焦りを抱いている人もいるでしょう。

同年代の友人たちが結婚して家庭を持ったり、お子さんができたりすると、会っても話題が合わなくなって困惑したり、みなが盛り上がっている話題についていけなくなったりして、結婚できない自分が疎外感を感じることもあるはずです。

 

仕事は楽しいし、私生活はそこそこ充実しているけれど、

 

「このままでいいのだろうか?」

 

と不安になるわけです。

 

案外、未婚のあなたも羨まられている

でも、考えてもみてください。

この世の中を生きている人の中で、

 

「現状でもう大満足!これ以上は何も望まない!このままでいいんだ!」

 

と言える人が一体どれだけいるでしょうか。

もしかしたら、結婚し、子どもを持った友人たちは、

 

「わたしももっと仕事がしたかった。もっとやりたいことがたくさんあった」

 

と、結婚できないあなたを見て羨ましがっているかもしれないのです。

隣の芝は青く見えるといいますが、まさにお互い様な状況かもしれません。

 

大事なことは、今あなたが何を望み、どうありたいと思っているかです。

それをきちんと、自分自身で知っておくことです。

 

もちろん先の人生のこともしっかり考えたうえで、

「今はまだ結婚しなくてもいいかな」

と思うのであれば、堂々としていればいいのです。

 

まわりに合わせて、自分を変える必要などありません。

スポンサーリンク

未婚であることを弱点のように言われて苛立つなら

結婚したいわけじゃない。

特段、焦っているつもりもない。

でも、まわりからの、

 

「まだ結婚しないの?」

「そろそろ結婚しないとまずいんじゃないの?」

 

という視線や言葉がとんでもなく面倒くさい…。

そういう女性もいるでしょう。

 

親と顔を合わせるたびに、

「あなた、仕事のことばかりじゃなくて、結婚のこともちゃんと考えてる?」

「子どもを産むにも年齢のことだってあるし…」

とお小言のように言われたら、うんざりしますよね。

 

飲み会のたびに、

「お前、まだ一人なの?彼氏くらいいる?そんなわけないかー」

といった「いじり」をしてくる同僚がいば、苛立ちも増すばかりでしょう。

 

未婚であるという事実が、まるで自分の弱点のようにまわりから言われてしまうのは、心外という他ありません。

 

相手にする必要はない

こういう人には、こちらからも弱点を指摘してあげましょう。

 

「そんな自分は、ちょっとメタボがすぎるみたいだよ?」

「そういえば、このあいだの案件、落としたらしいじゃない」

「そっちこそ、加齢臭対策とかちゃんとしてる?」

「人のことより、自分の心配したら?」

 

このくらい、言ってやって構いません。

相手が文句を言ってきたら、

 

「わたしは、あなたがやったのと同じことをやっただけだよ」

 

と教えてあげてください。

「まだ結婚しないの」なんて心無いことを言ってくる人は、そう言われて相手がどんな気持ちになるのか想像できない人なのです。

身をもってそれを体験しなければ、自分が人を傷つけているのだと気づけません。

 

一方で、あなたが彼らに上記のような言葉をかけたとき、どんな気持ちになるのかも確かめてみてください。

一瞬、スッキリするかもしれません。

けれど、次の瞬間、後悔するかもしれません。

人を言葉で傷つける相手と同じ土俵に、自分も立ってしまったことになるからです。

 

そうです。

「結婚しないの?」

なんて言ってくる人の言葉を真に受けることはないのです。

彼らの言葉に、それだけの価値はありません。

 

「あーはいはい」

と聞き流し、すっかり忘れてしまっていいだけの価値しかない言葉であることに気づきましょう。

 

あなたは本当に「結婚できない女」なのか?

以上、「結婚しないの?」という心無い言葉に傷ついている女性のために、いくつかの解決法を考えてみました。

 

結婚したいのに、結婚できない。

結婚したいわけじゃないけれど、まわりから「結婚できない女」と思われている。

結婚にはみなそれぞれの思いがあり、考え方があり、関わり方があるものです。

確かな答えなどないし、解決法もまたそれぞれでしょう。

 

大事なのは、まわりの意見や思惑に振り回されないこと。

自分の結婚に対する考えを、きちんと自分自身と向き合って分析し、確認し、知っておくこと。

 

自分は「結婚できない女」なのか。

「結婚したくない女」なのか。

「まだ結婚しなくてもいい女」なのか。

「結婚してもしなくても、どうでもいい女」なのか。

 

自分自身について知っておくことで、まわりからの心無い言葉に傷つけられたり、しなくてもいい心配をしたり、劣等感を持ったりすることがなくなります。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)