甘え方を知らない男!好きな女性を喜ばせる女心を捉える方法

甘え方を知らない男!好きな女性を喜ばせる女心を捉える方法

 

 

頼もしい。男らしい・・・

それも間違いない男性の魅力のひとつですが、一方で、男性の甘え上手なところや、自分だけに見せる弱さなども、女心をきゅんとさせるものです。

 

普段は男らしい男性が、ふとしたときに見せるかわいらしさの意外性は、女性の気持ちをわしづかみにすることは間違いありません。

 

でも、甘え下手な男性も少なくないもの。

普段、男らしさを前面にアピールしている男性ほど、女性に甘えるのはなかなか難しいのです。

やり方を間違えると、かえって気持ち悪く思われたり、敬遠されることだってあるかもしれません。

 

しかし、大丈夫です。

やり方のポイントさえ知っておけば、自分自身も無理することなく、気持ち悪がられることもなく、上手に甘えることができるのです。

 

今回は、甘え下手な男性が上手に甘えて、女性を喜ばせる方法について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

甘え下手な人も上手に甘えて彼女を喜ばせる3つの方法

小さなお願いをしてみる

甘えるといっても、何らかの言葉でかわいらしく甘えるとか、キャラに似合わない振る舞いを無理にしてまでやる必要はありません。

ナチュラルにそうできる男性も最近はいるようですが、それはちょっとハードルが高すぎる…という男性の場合は、無言であっても、無理なことをしなくても、コツさえ知れば甘えることは可能です。

 

まず大事なことは、

「彼女だけにしか見せない部分」

を披露することです。

自分はあなたにとって特別な存在なのだと、彼女に感じさせることが大切です。

 

彼女を大事にすることも、守ることもそのひとつの方法ではありますが、さらにプラスして、自分の弱いところをあえて見せることが、かなりの効果を発揮します。

 

だからといって、ひどく弱っていたり悩んでいたりするとアピールする必要があるわけではありません。

ちょっと一言、お願いしてみればいいのです。

 

たった一言で十分に甘えられる

たとえば、デートのとき。

目的地をすべてまわり終え、食事も終わって、そろそろお開きになるかしら…という雰囲気のときに一言。

「もうちょっと一緒にいられる?」

 

手料理を振る舞ってくれたときは、とにかく、

「おいしい、おいしい」

と褒めて、完食し、

「また作ってほしい」

とお願いする。

 

「もうちょっと…」とは、彼女にほんのちょっとだけ無理をさせるようなお願いにしてみましょう。

「また…」という言葉でお願いするのは、あなたが彼女とこれから先の未来にも一緒にいたいと思っていることを感じさせるので、彼女をきっと喜ばせます。

 

彼女にひどく無理をさせるようなお願いではいけません。

また、彼女がお願いを聞いてくれなかったとしても、駄々をこねるなど論外です。

お願いした分は、自分も彼女のお願いをきく機会を作ったり、丁寧にお礼を伝えたりすることも必要です。

 

触れる

言葉で直接何かを伝えて甘えるのはちょっと抵抗がある…という場合には、行動で甘えてみましょう。

 

単純にいえば、触れるのです。

連れ立って歩くときには手をつなぐ。

向かい合って座っているときには、手だけは触れ合わせておく。

肩を抱いたり、背中に手を添えたり、一緒にいるときに触れておくのです。

後ろから手を回したり、膝枕をしてもらったりという方法もあります。

 

こういった行動は甘えでもあり、愛情表現でもあります。

あまりにも過多な愛情表現であると重く感じる女性もいるかもしれません。

彼女の負担にならない程度に、適度に触れることです。

 

加減がわからなければ、アメリカの海外ドラマを見るのがオススメ。

ドラマの中の恋人たちが人前でどう触れ合っているか…どれだけ堂々といちゃついているか見てみてください。

それを2人きりのときにやってみれば、日本人にはちょうどいいスキンシップになるはずです。

スポンサーリンク

彼女に合わせて触れ方を選ぶ

ちなみに、人にもよりますが、2人のときには女性も喜ぶふれあいも、人前では嫌がる女性もいます。

甘えるにもTPOをわきまえることが必要です。

 

彼女の気持ちも推し量らずに、こちらの甘えを押し付けるのは、単なるわがままに過ぎません。

彼女の心をつかむことなどできないのです。

 

一方で、人前でいちゃいちゃすることを、まったく気にしないタイプの女性もいます。

そういう場合は、あえて甘えてあげたほうが、彼女もきっと喜ぶでしょう。

 

甘え方ひとつでも、彼女の心情やタイプに合わせて甘え方を選ばなければ、彼女の気持ちをきゅんとさせることはできないので、気をつけましょう。

 

正直になる

たとえば、彼女が他の男性のことについて話題にしたとき。

内心、複雑な思いであっても、平然を装って話を聞いてしまえば、懐の深い男を演出したつもりでも、彼女からしてみたら、

 

「これくらいは気にならないんだ?」

「本当にわたしに興味ある?」

 

といった複雑なもいを抱くかもしれません。

かといって、相手の男性のことを根掘り葉掘り聞いたり、ひどく不機嫌になってみせたりすれば、うんざりするもの。

 

ちょうどいいのは、ちょっとだけ嫉妬してみせること。

ほんの一言、二言、すねて見せることです。

ほんのちょっとだけ正直になり、そのあとは長引かせず話題を変えることです。

この塩梅が上手にできるのが、甘え上手なのです。

 

嫉妬や不満は加減次第でいい恋愛のスパイスになる

たとえば、お互いに仕事が忙しくて会えない日々が続いたとき、電話やメールで、

「会いたい」

と伝えるのもいい方法です。

 

嫉妬や寂しい気持ちなどを隠すのが男らしさを思いがちです。

思いのままにそれをぶつけるのは確かに問題であり、面倒くさい男になってしまいますが、そのマイナスの感情の一部だけをちょっとだけ見せることによって、女性は、

 

「弱みを見せてくれてうれしい」

「わたしを想ってくれてうれしい」

 

と受け止めてくれます。

わがままや嫉妬も、出し惜しみするよりは、ほんのちょっとだけ「こう思ってるんだよ」と知らせた方が、彼女はそこから愛情を感じてくれます。

 

甘えるのは、愛情表現の一つの方法

 

甘え上手とは、甘えたい気持ちを素直に相手に見せられる人のことではありません。

相手への愛情や、心を許しているということ、大切に思っているということを、甘えることによって上手に伝えられる人のことです。

 

甘え上手にとっては、甘えることは目的ではなく、あくまで手段に過ぎません。

彼女を喜ばせ、安心させ、自信を持たせるために甘えるのです。

 

甘え下手な人は、まずは、

「どう甘えるか」

ではなく、

「どう言えば、彼女が喜んでくれるか」

「どう行動すれば、彼女へ想いが伝わるか」

という方向から、考えて振る舞えばいいかもしれません。

 

そうすれば、甘えることへの恥ずかしさや、やりにくさが、かなり払拭されるはずです。

彼女を喜ばせ、2人の愛を深めるために、ぜひ頑張ってみてください。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)