彼氏に気を遣うことは自分のしたいことを我慢することではない

彼氏に気を遣うことは自分のしたいことを我慢することではない

 

好きな相手だとついつい嫌われたくないと思い、自分の気持ちは二の次にして、相手の気持ちを優先したり、相手の顔色をうかがってしまったりしがちですよね。けれど、彼女がそういった態度を取ると彼氏はそんなに気を遣わなくていいよと言ってきたり…。

良かれと思ってしていることなのにそれが裏目に出てしまって、相手との関係が気まずくなったらどうしようもないですよね。

今回は彼氏に対する気を遣うことについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

彼氏に気を遣ってしまう彼女

彼氏は彼女に気を遣わせたくない

男性は女性を喜ばせることが大好きです。特に好きな女性相手だと相手が喜ぶことはなんだろうと考え、彼女の笑顔を見たいと思っています。

それなのに、彼女が自分の顔色ばかりをうかがって本音などを言ってくれないと、男性は自分とは無理して付き合っているように見えて、がっかりしてしまうようです。

大好きな彼女だからこそ、自分と一緒にいる時にはリラックスして楽しんで欲しい。そんな気持ちを持っているのは女性も同じではないでしょうか?

彼氏が自分と一緒にいる時に必要以上に気を遣ったり、自分の顔色をうかがっていたりしたら気分が良いとは感じないことでしょう。

彼氏のことが好きならば、彼のことを信じて自分自身をもっと出してみると良いでしょう。

 

わがままを言われると嬉しい

男性は女性にわがままを言われることがいやではなく、むしろわがままをいわれた方が嬉しいといった男性は多いようです。

他の人には甘えた顔をみせない女性が自分にだけ甘えてくれたり、わがままを言ってくれたりということでその女性に頼られている、必要とされていると感じ、その女性からの自分への愛情を感じるといった男性が多いためです。

会いたいといわれることも同様で、その女性に必要とされていることを感じると男性はその女性をもっと大事にしようと思ってしまうのです。

あなたが彼氏に対して気を遣うあまり、自分の言いたいことも言えないような状態になっているのであれば、たまにはわがままを言ってみるのをお勧めします。

 

素を出せるのは気を許している証拠

彼があなたの前で機嫌を損ねたり、あなたに対して無理を言ったりするのは、あなたに対指摘を許して来ている証拠です。

男性は社会の中では、平静さを求められたり、自分の感情を押し殺すように求められることが多く、その反動でプライベートで感情をあらわにしたり、子どものようになってしまう人も多いのです。

ただ、そのことを全てあなたが許容する必要はありません。受け入れられる甘えと受け入れられない甘えをしっかりと定めて、彼に伝えると良いでしょう。

何もかも受け入れてしまい、彼の思うようになってしまうと二人の関係が歪んでしまい、一方が無理をして付き合いを続けていくといったものになりがちです。

全て受け入れることはしないで、無理はものは無理ときちんと伝えていくのが良いでしょう。

 

相手にして欲しいことを聞く

片方が相手のためを思ってしていることでも相手にとってみると余計な気遣いだったり、余計なお世話ということがよくあります。あなたが彼に気を遣ってしていることも彼にとってみたら止めて欲しいことかもしれません。

けれど、止めて欲しいかどうかと聞くよりも、何をして欲しいかと相手に聞いたほうが建設的な意見をもらえます。

彼氏に対して、どう接していいのか分からない。どうしても気を遣いすぎてしまうと言う人は、自分に何を求めているかを率直に聞いてみるとよいでしょう。

彼の求めているものと、あなたが気にしていることは実は大きく違う可能性があります。元々他人な二人なので、分からないことがあって当然です。コミュニケーションを面倒くさがらずに行うことで、二人の関係は更に親密なものになるでしょう。

 

彼に女の子のような気遣いはいらない

女性同士だとついついお互いの気持ちの読み合いをしてみたり、暗黙の了解として相手に気を遣うことをしたりします。その延長で男性と付き合っていると男性の方があなたの気遣いに疲れてしまうこともしばしば。

男性には女性相手のような気遣いはいらないと割り切りましょう。

極端に言えば、彼があなたにしてこないことは、あなたが彼にしなくてもよいことです。いつも自分だけが一方的に気を遣っていると言う不満を抱え込まないように、彼が望んでいないことはしないと思って行動してみると良いでしょう。

また、女性は相手の気持ちを読んで先回りしたいと思いがちですが、相手のことが好きであれば好きであるほどに冷静な判断は下せなくなっていると思ってください。

相手の心を読むことを頑張るのではなく、是非、彼の気持ちを聞くことを習慣づけてくださいね。

 

相手の心を読みすぎない

いかがでしたか? 彼氏との間で気を遣いすぎると彼氏もあなたも疲れ果てて、恋人としてやっていくのが嫌になってしまうことも。自分ができるのはどの範囲かをしっかりと見定めて、時には相手の心を読まないで行動しようとすることも大事なようですね。

スポンサーリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)