甘え方が分からない女子が急増中!大人の女性こそ効果抜群な効果的な甘え方は?

甘え方が分からない女子が急増中!大人の女性こそ効果抜群な効果的な甘え方は?

女性の社会進出が増え、男性並みの働きを女性にも求められる、今、たまには男性に甘えたいけれど上手に甘える方法が分からないという女性が増えていると言われています。

特に子どもの頃から甘えるのが苦手だったという人が大人になると余計に甘え方がわからなくなってしまうようです。

今回はそんな大人の女性が使えるお勧めの甘える方法をお教えします。

スポンサーリンク

甘え方が分からない大人の女性必見!効果的な甘え方

頼られると人は嬉しい

他人に甘えるのが苦手な人は、実は知らないうちに他の人から頼られたり、甘えられたりという役目を担っていることが多いのです。あなたは周りの人から「頼り甲斐がある」、「いつも相談に乗ってくれる」と言われて頼られる人ではないでしょうか?

実は頼られる人は、頼れられることは上手でも、自分から人を頼ることが苦手になってしまうことが多いのです。

これは、知らず知らずのうちに自分自身で自分の役割を固定化してしまうためであり、役割を固定化することで「自分は頼られる人間だから強くあらねばならない」「人から悩みを相談される立場なのだから、自分の悩みを誰かに話してはいけない」などと考えてしまうようです。

でも、考えてみてください。あなたが人に頼られる時、あなたはその人に頼られて嬉しいという気持ちがわかないでしょうか? 頼られるということは信頼されているということです。そんな気持ちを人から向けられて苦々しく思う人はいないでしょう。

それはあなたが誰かを頼る時も同じで、あなたが頼りになる人であればあるほど、あなたから頼られた誰かはより頼られて嬉しいという気持ちを抱くと思います。

そのことを知って、まずは人を頼って甘えるということをしてみてください。

 

自分の心を見せる

甘えるということは、相手に対してより素の状態の自分を晒して、託して寄りかかることです。

人に素の自分を見せられないと感じていたり、人に心を開くのが苦手な人は、男性に甘えるのも苦手だったりします。その奥底にある心理としては、心を開いて頼った人が自分から離れてしまったらどうしようという恐れがあると言われています。

素の自分を見せて離れていってしまうぐらいなら、素の自分などは見せずにいた方が良いと考える人もいるでしょう。けれど、他の人に対してずっとそのような姿勢でいると自分の中で自分への不信感ばかりが高まり、どんどん自分を見せるのが怖くなっていってしまいます。

そうならないように、素を見せて離れていく人は離れていってしまうけど、離れていかない人は離れていかないのだという経験を重ねていくと良いでしょう。

心を開いて、自分の素直な感情を相手に見せること。それが相手に甘えることにつながっていくのです。

 

甘える相手に対して特別感を出す

あなたが甘えたいと感じる相手は誰でしょうか? 恋人? 友人? 職場の人? 相手は様々かもしれませんが、あなたが甘えたいと感じているということはその人はあなたにとって特別な人なのだと思います。

なので、甘える時にはそのことを相手にちゃんと伝えて、甘えることをしましょう。

「こんなこと、あなたにしか相談できない」
「あなたしか頼れる人がいなくてお願いしたいと思っているんだ」
「こんな風に甘えられるのは○○だけだなぁ」

など、あなたは自分にとって特別な存在なんだということを相手に伝えて甘えることをすると、相手はあなたのことをより甘やかしてあげたい、あなたに頼りにされたいという気持ちが強くなります。

大人の女性の甘え方として、そんな特別感を大事にして相手との距離を詰めていってください。

スポンサーリンク

甘えた後のケアも大事

大人の女性ならば、相手に甘えたら甘えっぱなしというわけにはいかないでしょう。

特に相手が恋人や男性である場合には、甘えた後に相手を立てたり、褒めたりして相手をいい気持ちにしておくことが重要です。

常に甘えっぱなしだと相手がうんざりしたり、あなたのことを重たいと感じてしまうかもしれません。そうならないように、甘えた後には相手に対して「甘えさせてくれて助かる」と伝えたり、「◯◯に話を聞いてもらうとスッキリするんだ」などと相手があなたに甘えてもらって良かったと思えるような相手のケアも忘れずに付け加えてください

そうすることにより、相手はあなたにもっと甘えてほしいと考え、あなたのことを甘やかすことを喜びと感じることでしょう。

男性は女性に頼られたり、褒められたりということがとても好きなものです。そんな男性心理をうまくくすぐって、上手に甘えられるとよいですね。

 

時には相手を甘やかすのも大事

大人の女性としては、甘えることと同じぐらいに相手を甘やかしてあげることも大事なことになります。いつもあなたばかりが甘えてばかりだと、相手はうんざりしてしまうことでしょう。

そうならないように、大人の包容力で相手のことも時には甘えさせてあげましょう。

相手が弱っている時や落ち込んでいる時にそっと声をかけてあげたり、優しさを向けてあげてたりして、相手があなたに甘えたいという気持ちをうまく汲み取ってください。

相手も甘え下手な人ならば、「いつも甘えさせてもらっているからたまには私にも甘えてほしい」などと声かけしてみるとよいでしょう。実際にその場で甘えることができなくともそんな風に声かけをしてもらったという記憶はその人の中に残っていくことでしょう。

弱音を吐いたり、愚痴を言ったり、もたれかかったりということは相手がしてくれればしてくれるほど、自分もしやすくなるものです。

子どもは大人に対して一方的に甘えていることが多いですが、大人になるとそういうわけにはいかないですよね。一方的に相手に負担になるということがないように、持ちつ持たれつのうまい関係の中で甘えていけるとよいですね。

 

自分の素を見せることから始めて見ましょう

いかがだったでしょうか? 甘え下手な人ほど、誰かに甘えるという経験を積んでいった方が良さそうですね。周囲の人に上手に甘えて、お互いに良い関係を築いていってください。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)