高収入なのにケチな男、その心理と行動からNG男を見極める

高収入なのにケチな男、その心理と行動からNG男を見極める

しっかりと仕事をしていて、良いお給料を貰っているはずなのにお金の遣いかたがケチケチとしている男性は、どこか小さく、情けなく見えるものですよね。

高収入なのにケチな男性には、実は独特の心理と行動が見え隠れしたりします。

そんなNG男を捕まえないために、今回は高収入なのにケチな男性の行動と心理を見ていきます。

スポンサーリンク

高収入なのにケチな男の特徴

○食事はいつも割り勘

ケチな男性は自分が損をすることが大嫌いです。そのため、女性とのデートでも常に割り勘で一円単位まできっちりと分けようとします。食事代を女性におごるということは、何も自分の得にならないと考えているためです。

ケチな男性は様々な行動を損得で考え、自分の得にならないことはしないといった一貫した考えを持っています。そのため、相手の経済状況やお財布事情などは全く気にせずに、常に食事代や飲み代は割り勘を求めるのです。

現代において、女性の社会進出が多くなっているとはいえ、まだまだ男女の収入格差などはあり、男性よりも女性の方が収入が少ないことも多いでしょう。特に高収入な男性となれば、男性の方がその女性よりもより多くの収入を得ているのは明らかなはずです。

それなのに毎回、毎回、きっちりと割り勘を求められ、時に割り切れない端数が出た時だけ、一円や十円を出して偉そうな顔をしているといった男性には、どんな女性も興ざめしてしまいますよね。

恋愛においては、自分の得だけではなく相手の気持ちや状況などを読む能力が必要とされるのですがこういった男性にはそういう能力が足りない傾向があるようです。

 

○クーポンを利用したり、安い店が好き

ケチな男性の特徴としては、自分が必要ないと思ったところには徹底的にお金をかけないという特徴があります。生活に困ってるわけでも、お金を切り詰めなければならない事情があるわけでもないのに、デート中の食事や買い物の時に割引クーポンを利用したり、ファーストフードやファミレスなど安く手軽に食事を済ませられる場所ばかり使っているような男性に対しては、女性の恋心はすぐに覚めてしまいます。

倹約や節約などは人生において大事なことでしょう。自分の稼いだお金を自分の好きなことにだけ自由に遣いたいという気持ちも分かります。

けれど、好きな人とのデートはとても大事な場面です。その大事な場面においてもお金を使えないということは、相手の女性に対して「あなたと一緒にいる時間はお金を使う価値のない時間だ」と言っているのと同様なのです。

そのような態度をとられると女性は、「大事にされていない」「この人の気持ちはその程度だったのだ」と考えて、その男性から離れていってしまいます。そんなことにも気づかない男性は、NGですよね。デートの際のお金をケチる男性には気をつけましょう。

スポンサーリンク

○お祝いにお金を使わない

友だちの結婚祝いや出産祝い、昇進、引越しのお祝いなど、人に対して贈り物をする機会は社会人になってくると多くなってくるものです。

ケチな男性はそういった時のお金を出し渋ります。「お祝いなんかしなくていい」「されたら相手だって迷惑だ」と言って、何とか自分がお金を出さずにその場を切り抜ける方法を考えているのです。

友だちに対してのお祝いなどは、本来してもしなくてもいいといったような義理的な行為ですが、こちらからの気持ちを相手へと伝える大事な行いです。そういったことをないがしろにしてまで、自分の手元にお金を残したいと言う男性は自分本位で、相手を思いやる心に欠けるところがあるのです。

友だちのお祝いに対してお金を出し惜しんだり、そういったことを嫌がる男性は段々と友人を減らして孤独になっていきます。

お祝いは相互的なものであり、自分がしたら相手も同じぐらいそれに応えてくれるといったものになります。そういったことをないがしろにすることで段々と人間関係の輪から外れて一人になってしまうのです。

いくらお金を沢山持っていても、友人がほとんどいない男性は魅力的には思えませんよね。お祝いにお金を出し惜しむ男性には注意が必要です。

 

○ケチ自慢をする

ケチな男性の中には、自分がいかに無駄なお金を使わずに節約しているかを女性に自慢する人がいます。

「電車賃が勿体無いから三駅ぐらい歩いて帰った」「○○の店は~が安いからそれだけ食べて帰るんだ」「友人からお土産を貰ったけど自分はいらないから、フリマアプリで売ったらお金になった」など日常の小さなことで小さなお金を浮かしたことをさも大きな偉業を成し遂げたかのように女性に自慢してくるのです。

もちろん、倹約して小さなお金を浮かすことは悪いことではありません。賢く節約して、お金を回していくことは人生において楽しみの一つにもなりうるでしょう。しかし、高収入を持ちながら、好きな女性に対してそういったことを自慢する態度は非常に子どもっぽく、情けないものとして映ります

自分の楽しみとしてやっているのならばいいのですが、それを誰かに自慢するといった態度がその人の子どもっぽさを表していると言えるでしょう。

 

○して貰うのはいいがするのは嫌

ケチな男性は全体的に奉仕の精神に欠けています。人から尽くして貰ったり、気を遣ってもらったりするのは好きですが、自分で他人にそういったことをするのは大嫌いと言う人が多いのです。

相手が自分のためにお金を使うことに対しては気にならないが、自分が相手のためにお金を使うことにはひどく敏感で、出来るだけ相手のためにお金を使いたくないと思っているという人がケチな男性なのです。

これは付き合っている女性対しても同じで、彼女が自分の誕生日を祝ってくれたり、高価なプレゼントをしてくれると喜ぶくせに、自分は彼女に対してお金を使いたくないと考えて値引き札のついたケーキなどを買ってきたりします

自分は得をしたいけど、相手の得になることはしたくない。そんな考えを持っているのがケチな男性なのです。

 

ケチな男性には要注意

いかがだったでしょうか? ケチな男性と付き合うとその言動に振り回されたり、呆れたりして疲れ果ててしまうこともしばしばです。そうならないためにも相手の男性の行動を見極めて、ケチな男性にはひっかからないようにしましょうね。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)