マンネリカップルが倦怠期を乗り切る方法【新鮮さゼロ・・・】

マンネリカップルが倦怠期を乗り切る方法【新鮮さゼロ・・・】

付き合ったばかりの頃は、二人でいるのが特別で楽しく、いつもわくわくしていたのに……。付き合っている時間が長くなってくるといつも同じことばかりでマンネリになり、二人の間に倦怠期が訪れたりすることがありますよね。

では、そんな倦怠期はどう乗り切ればよいのでしょうか?

今回はマンネリカップルが倦怠期を乗り切る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

マンネリカップルの倦怠期の乗り切り方

倦怠期とは?

長く付き合っているとどんなカップルでも一度は倦怠期にぶつかると言われています。これは人間が環境に慣れることの出来る動物だからであり、環境に慣れたり、状況に動じなくなるというのは実はとても大事なことなのです。

いつまでも相手にドキドキしていたり、二人でいる時に緊張したり気を張っていたりということがあると人は疲れ切ってしまったり、恋愛がいつまでも頭の中心にあって、日常のことが疎かになってしまったりしますよね。

そうならないためにも、恋人の存在に慣れたり、ドキドキしなくなるというのは大事なことなのです。

ただ、恋愛においてときめきやドキドキなどが大事な要素であるのもまた事実です。相手にドキドキしなくなった、ときめかなくなった。と感じると誰しも一度は相手への自分の気持ちを疑ってしまうことでしょう。

また、恋愛の熱が冷めることによって、相手の嫌な部分や自分と合わないと感じる部分も見えてきます。なので、ぶつかったりケンカが多くなったりして、昔はあんなに一緒にいて楽しかったのに、今は全然楽しくない。といった気持ちになったりもします。

これが俗に言う倦怠期の状態なのです。

 

倦怠期はステップアップのチャンス?

マンネリカップルの間でときめきがなくなったり、相手に対して異性を感じなくなったりすること、実はそれは愛情が冷めたサインではなく、二人の関係がドキドキを含んだ恋愛から、次のステージに移行したということなのです。

ドキドキしなくなった代わりに長く一緒にいる相手との間には安心感があったり、安らぎがあったりすることでしょう。長く一緒にいるからこそ見せられる姿があったり、安心して接することが出来たりすることはありませんか?

恋愛のドキドキには、「相手に嫌われたらどうしよう」「相手が自分から離れて行ってしまったどうしよう」といった不安感が含まれていることが多く、そんな不安は人を落ち着かない気持ちにさせます。

けれど、長く一緒にいることでそんな不安からも解放されて、相手にどんな姿を見せても、相手が自分から離れて行くことはないだろうと言う安心感を得ることが出来るでしょう。

そんな安心感を得て、お互いに相手に対して緩みきっている状態がマンネリ状態です。ただ、そんな状態にならないと得られない二人の間の大事な絆や関係もあります。

そう言ったものを大事にしていくことが倦怠期を乗り切るには大事な要素になっていくのです。

 

相手が自分の側にいてくれることを感謝する

恋人が側にいてくれるといいと思えることは数多くあると思います。相手が側にいてくれるおかげで孤独感を感じなかったり、安心感を得られたり。

仕事で嫌なことがあった時や理不尽な目に合った時にでもそれを聞いて分かってくれる人がいるというだけで感じるストレスは大きく違ってきます。

倦怠期においては、相手の存在に感謝することがとても大事です。相手が自分の生活に与えてくれる良いことを見つけ、それを再評価してください。

二人の間に付き合ったばかりのドキドキやときめきはないかもしれません。けれども、それ以上のものが二人の間にあることに気がつくと、相手に優しくなれたり、相手の気持ちを尊重しようという気持ちが生まれたりします。

そう言った心が二人の間にあると関係も段々と修復されていくことでしょう。

スポンサーリンク

二人で新しい楽しみを見つける

倦怠期を迎えた二人は、二人の間の楽しみを失っていて、それによって相手と一緒にいてもつまらないと感じていることが多いので、そんな時には二人で出来る楽しみを見つけてみましょう。

あなたが一人で退屈している時にも新しい何かを始めて退屈を解消しようとしませんか? それと同じように恋人という存在に慣れてくると段々と二人でいることにも退屈し始めてしまうので、その退屈を解消するためにも新たな何かを始めると良いでしょう。

二人で行ったことのないところに行ってみたり、やったことのないことを一緒にやってみたり、同じ習いことを始めてみるのも良いかもしれませんね。

二人の間で共通して楽しめることを見つけると、おのずと会話が増えて、二人の間のコミュニケーションが活発になります。そんな風にコミュニケーションを取ることがケンカや言い争いを避けたり、遠ざけたりすることにもつながっていくのです。

二人で一緒にいてもつまらないと感じたら、その原因を相手に求めず、二人で出来る新たな楽しみを見つけることに向けてみると良いでしょう。

 

一人の時間を持ってみる

マンネリカップルになると相手と一緒にいてもつまらない。これなら一人の方が楽だ、と感じるようなことがあるかもしれません。そんな時には思い切って一人の時間を持ってみるのも良いでしょう。

毎週のように会っていたのならば、その回数を減らして、一人で過ごす週末をもうけてみましょう。そうすることにより、相手の存在の大事さを実感したり、一人っきりの時間でリフレッシュして、また相手との関係に新たな気持ちで臨むことも出来るでしょう。

相手と近すぎると嫌な所が余計に嫌になってしまったり、良い距離感なら気にならない所が気になったりとしがちです。また、恋愛が全てという人ほど倦怠期には相手に対して幻滅したり、二人の関係に先が見えないと感じやすいと言われています

そうならないためにも、二人っきりの関係に行き詰まりを覚えたら、一度、一人の時間をもって、改めて二人の関係を見直すことをして見ると良いでしょう。

 

真価が問われる瞬間・・・

いかがでしたか? 倦怠期はどんなカップルにでも訪れるものです。そのため、その倦怠期の乗り越え方でそのカップルの今後が決まると言っても過言ではないのです。

倦怠期を上手く乗り越えて、お互いの関係を新しいステージに進めることの出来るように、上記を参考にして頑張ってみてくださいね。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)