恋愛依存症はどうしてなるの?その原因と克服法を紹介!!

恋愛依存症はどうしてなるの?その原因と克服法を紹介!!

恋愛依存症を克服したいと思いながらも、その原因や方法が分からずに悩んでいる人はとても多いのです。自分でも「私は恋愛依存症?」とモヤモヤとした気持ちを持つこともあるでしょう。

では恋愛依存症になる原因、そして克服する方法についてお伝えしていきますので参考にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

自分に自信を持つ

恋愛依存症になる人のほとんどは、自分に自信を持つことが出来ません。どうしたら自信を持てるのか分からないまま、結果として恋愛に依存をするしかないのです。自分に自信を持つためには、自分の好きなところを探すところから始めてみましょう

それが見つかれば、どのようにしてそれを伸ばすかが分かってくるはずです。そして自分のことを段々と好きになることが出来てくるでしょう。そうすると自然に恋愛に対して依存をしなくなるのです。

恋愛依存症の人の多くは、自分を好きになることが出来ずに苦しんでいます。でも自分の中に好きな部分を見つけるようにしてみれば、恋愛依存症を克服することは可能になるでしょう。

 

不安を少しでも軽減させるようにする

感情の中でコントロールが出来ないのが、不安という感情だと言われています。そのため不安をコントロールすることは、とても難しいことだと言えるでしょう。不安をコントロールできないことが、また新たな不安を生み出すことがあるのです。

そして、結果として恋愛に依存をすることになるでしょう。そのため、なぜ不安になるのかというメカニズムを知るようにしてみます。それが出来れば自分はどうすれば不安になり、それを軽減するにはどうしたら良いのかが分かってくるのです。

それが分かることにより、恋愛に依存をする気持ちが軽減してくることになるでしょう。

 

相手のペースを大切にする

依存をしている時点で、相手のペースよりも自分のペースを優先していることが多いのです。相手のペースを優先するようにすれば、自然に依存は減るでしょう。自分のペースは大切なものではありますが、相手がどういう気持ちや状態なのかを知ることも、とても重要なことなのです。

相手のペースは、相手と話をしたり様子を見ることにより、分かってくることでしょう。これを知ることが出来れば、相手の時間を大切にして自分の思いは二の次にすることが出来るのです。そして、相手とも良い関係を築くことが出来るようになるでしょう。

「私の時間を大切にしてくれない」と相手から思われると、それにより疎まれたり嫌がられたりするようなこともありますので、気を付けるようにしたいですね。

 

自立する方法を見つける

今もしも実家で暮らしているとしたら、家事を親に全てしてもらっていることは多いのではないでしょうか。そうなると仕事はしていても、他の時間を恋愛に使うことが増えてしまうのです。

自分の出来る最低限のことは、するようにしましょう。家事を親に任せっきりで自分は恋愛を楽しむというのも、結果として恋愛依存症につながりますので、あまり良いことではないのです。

自立をするためには、家を出て一人暮らしをしなければいけないわけではありません。ただ、自分でも出来ることを人にしてもらっている場合、それを少しでも減らすことが必要になるのです。それが出来れば、相手に対しての恋愛依存も減ってくるでしょう。

 

まとめ

恋愛依存症を克服するには、自分を「頑張っているね」と認めてあげられるようになることが大切です。それが出来ないうちは恋愛に依存をしてしまい、それを当然のように思うことになるでしょう。

恋愛依存症から抜け出したいと思うのであれば、まずは自分が出来ることを一つずつでも良いから、していくようにしましょう。そうすることにより自分自身を認めてあげることが出来て、自信を得ることが出来てくるのです。気が付けば、以前のような依存はしなくなるでしょう。

スポンサーリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)