影のある女の魅力は何?色気?危ない雰囲気?その特徴とは

影のある女の魅力は何?色気?危ない雰囲気?その特徴とは

付き合いが良く、明るく、かわいく、いつも人の輪の中心にいるような女性は、まちがいなくモテますよね。でも一方で、どこかミステリアスな雰囲気をまとう、影のある女性も、男性は何かと気になってしまうもの。

付き合いは悪くないけれど、プライベートなことは話さない。恋バナを聞いてはくれるけれど、自分の恋愛については話さない。決して暗くはないけれど、何かを背負っているような雰囲気がある。

そんな影のある女性に、男性は惹かれてしまう傾向があるようです。なぜ、影のある女性に、男は魅力を感じてしまうのでしょうか?

そもそも「影のある女性」とは、どのような特徴を持つのでしょう?

 

今回は、究極のモテ女ともいえる「影のある女」について、徹底解析してみたいと思います。

スポンサーリンク

影のある女のどんな特徴に男性は惹かれるのか

男性は、女性のどのようなポイントに「影」を感じ、そこを魅力ととるのでしょうか?

 

秘密がありそう

影のある女性というのは、常にミステリアスです。隠し事をするという意味ではなく、自分のプライベートな部分を必要以上に晒しません

会話をしない、という意味ではないのです。

周りの人と当たり障りなく付き合い、世間話もしますが、自分の恋人のことや、家族のことなどプライベートな部分を、必要以上にさらしません。

また、飲み会などに参加はしても、1次会で早々に引き上げたり、SNSなどにアカウントは持っていても、個人的な情報や写真を必要以上に公開しないなど、「周りからは見えない部分」を常に持っています。

人当たりはいいのに、掴みどころがない。

そのミステリアスな部分が、「彼女のことをもっと知りたい!」と男心をくすぐり、その女性が気になってしまうのです。人間は、「自分の知らないことがある」と気付くと、それをどうしても知りたくなる生き物です。

相手の考えていることがわからないと、ひどく気になります。そういう男性心理をくすぐるのが、この秘密めいた影のある女性というわけです。

 

◯自分のことも秘密にしてくれる、という安心感

プライベートを明かさないミステリアスな女性というのは、男心を惹きつけると同時に、実は男性にひとつの安心感を与えます。

「もし自分と恋愛関係になっても、誰にも話さないだろう」

「自分のみっともない部分を明かしても、周りに話さないだろう」

と、男性は思うのです。

たとえば、社内恋愛や不倫の関係ともなると、周囲に知られては困りますよね。それに、恋愛のうえで失敗したことを知人に話されたり、別れ話のすったもんだを同僚に愚痴られたりするのを、男性はひどく嫌がります。

でも、口の固い影のある女性なら、絶対に秘密を漏らさないはず。

こういう安心感にも、男心はくすぐられるわけです。

 

幸薄そう

どことなく、幸薄そうに見える女性っていますよね。そして、そういう女性が男性はなぜか気になってしまいます。

もっとも男性が惹かれるのは、本当にひどい不幸に見舞われているような女性ではなく、あくまで「不幸そう」な女性です。

細くて、華奢。

振る舞いは女性らしく、控えめ。

お高くとまってはいないのに、どこか近寄りがたい。

落ち着いているけれど、不思議と抜けている。

暗くはないけれど、底抜けに明るくもない。

そしてときおり、寂しげな表情をのぞかせる・・・

 

そういう女性に、男性は頼りなさや不安定さを感じ、「自分が守ってあげなくては」という衝動にかられるようです。

スポンサーリンク

◯不幸そうな雰囲気はどこか色っぽい

ただし、実はこの幸薄そうな女性の場合、男性が惹かれるには、もう一つの要素が必要になります。不幸そうなだけでは、男心は引き付けられません。

もう一つの要素、それは「色気」です。

そして、本当に不幸なのではなく、あくまで「不幸そう」な女性というのは、往々にして「色気」をあわせもっているものです。

控えめで、落ち着いていて、静かに微笑んでいる女性。とても品がよく、しかし、どこか色っぽい。セクシーな色っぽさというよりは、禁欲的な色っぽさです。

そこに、男心はくすぐられるようです。

 

あからさまに肌を見せてみたり、胸元を強調したりするような装いからは、影は感じられませんよね。

しかし儚げな女性が、首もとから足もとまできっちり肌を隠しているような装いをしていると、不思議と色気を感じることがありませんか。

守ってあげたくなる、禁欲的なのに色気のある女性。

そんな女性がいたら、男性が惹かれてしまうのも仕方がありません。

 

裏がありそう

男性というのは、多かれ少なかれ「危険なかおり」に対する憧れがあります。

 

男性経験が豊富そうな女性。手玉にとられそうな女性。どんな言葉も本音には聞こえない女性。いずれ裏切りそうな女性。

そんな危険な影のある女性に対しても、男心は惹かれてしまいます。

危険のかおりがする女だからこそ、「自分こそが、手に入れてやろう」「自分なら、彼女の手綱を握れるはず」と、男のプライドをくすぐられるようです。

危険そうに見える女性だからこそ、あえて挑んでみたい男性は少なくありません。

 

◯彼女に振り回される覚悟で

この手の女性は、ただ裏がありそうに見えているだけで中身は純粋な場合もありますし、本当に男を手玉に取るのに長けている場合もあります。

どちらにしろ、危険なかおりにつられて寄ってくる男性は、そもそも本気度が高くありません

手に入れれば満足して冷めてしまうこともあるでしょう。逆に、手に入れたのに明日にはいなくなってしまいそうな雰囲気もあって、目を離さずにはいられなくなるかもしれません。

どちらにしろ、こういう女性は計り知れないものです。関係が深まったところで幸せまで一緒に得られるかは、彼女次第といえそうです。

 

とにかく影がある女はモテる

影のある女性といっても、その影にはいくつかの種類があります。

たとえば、知性を誇る男性は、ミステリアスですべてを見せない女性のことをもっと知りたくなるかもしれません。力に自信があったり、庇護欲が強い男性などは、不幸そうに見える女性のことが気になるでしょう。

プライドが高い男性や、女性にモテる男性などは、危険なかおりを漂わせている女性にチャレンジしたくなるものです。

いずれにしろ、影のある女性に魅力を感じる男性が多いのは、間違いないようです。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)