一重まぶたに悩むあなたへ、憧れの「二重まぶた」を手に入れる方法とは?

一重まぶたに悩むあなたへ、憧れの「二重まぶた」を手に入れる方法とは?

「ちょっと目つきが悪いよね」

「なんか怒ってる?」

「もしかして眠いの?」

 

一重まぶたで悩む女性は、少なからずこういった言葉をかけられた経験を持っています。

日本人の約7割は一重まぶたであると言われていて、多数派のはずなのですが、なんとか二重になれないものかと試行錯誤する人は多いものです。

そこで、一重の人が、二重になれる方法を探ってみましょう。

スポンサーリンク

一重まぶたを二重まぶたに即変身させる方法は?

何がなんでも、手っ取り早く二重にしたい!そういう人には、次の2つの方法があります。

 

アイプチ

近年、一重まぶたの女性たちにとって救世主ともいえる、画期的な商品が登場しました。それが「アイプチ」に代表される、メイク感覚で二重まぶたを作ってしまうものです。

ドラッグストアなどで、300円から1500円くらいで購入できるのも、嬉しいところ。ただし、こんなデメリットがあることも知っておきましょう。

・のりやテープを使うので、皮膚が炎症を起こしたり、かぶれたりすることがある。

・使い慣れないうちは、きれいな二重を作るのはかなり難しいので、かなり練習が必要。

・アイプチなどの上からはメイクがのりにくくなってしまう。

・水に弱いので、海やプールでは長持ちしない。

・長く頻繁に使い続けると、まぶたの皮膚がのびでたるんでしまう。

 

美容整形

もう一つは、美容整形です。保険適用外の手術になりますから、お金はそれなりにかかります。また、安全にきれいな二重まぶたにしてもらうためには、信頼できるお医者さんを探す手間をかけることも大切です。

手術後はまぶたが腫れることもあるので、働いている方などは、数日お休みをとれるかどうかも重要でしょう。デメリットもありますが、手術をすれば、いつでもどこでも二重まぶたでいられるという夢のような毎日が待っています。

スポンサーリンク

地道にコツコツマッサージ

さて、ここで知ってほしいのは、一重まぶたになる原因です。その多くは遺伝だと言われていますが、実は別の原因も考えられます。

それは「脂肪」と「むくみ」。

まぶたの皮膚が脂肪やむくみで厚くなり、はれぼったくなって、まぶたに折り目がつかない状態になると、一重になってしまうのです。要するに、この脂肪を落とし、むくみが解消できれば、二重になれる可能性があります。

そこで一重まぶたの人にぜひ挑戦してみてほしいのが、まぶたのマッサージです。

 

1脂肪を落とすマッサージ

①蒸しタオルと、水で濡らして絞った冷たいタオルを用意します。

※蒸しタオルの作り方:濡らして絞ったタオルをラップでくるんで、電子レンジで30秒温める。

②蒸しタオルを5分間、両目のあたりにのせます。

③蒸しタオルをはずし、同じ位置に冷たいタオルを1分間のせます。

④②+③を2、3回繰り返します。

 

2血行を良くするツボ押しマッサージ

目尻側の眉毛の先と、こめかみの間にあるツボ「太陽」を押します。指をあてて軽く押すと、ほんの少しくぼんでいるのですぐにわかりますよ。

親指でツボを押し、残りの4本の指で頭を支えるようにしながら、30回くらい押しましょう。イタ気持ちいい、くらいが目安。

 

3まぶたの筋トレマッサージ

1日1回、片目ずつ、3分間ウインクをし続けます。通勤電車の中で、音楽を聞きながら、リズミカルにウインクするのがおすすめです。

これらのマッサージは、すぐの効果は規定できません。毎日、コツコツ、地道な努力を続けることが必要です。最低でも1か月は欠かさず続けてください。

そして、マッサージを続けたからといって、絶対に二重まぶたになるとは限りませんので、注意してくださいね。

 

アイメイクを工夫して二重まぶたを作ってみよう

アイプチや美容整形には抵抗があるから、マッサージで頑張ってみよう。でも、やっぱり一重まぶたが嫌で嫌でたまらない・・・

悩みが尽きない人もいるかもしれません。そういう人におすすめなのが、アイメイクで二重まぶたを描いてしまう方法です。

このテクニックをご紹介しますね。

 

ベースメイク

ベースメイクを、まぶたまでしっかりする。まつげをビューラー、マスカラでしっかり上げる。

*目元までしっかりパウダーをのせてください。

一重まぶたは、まぶたに厚みがあり、まばたきしている間にアイラインが目元の油分どまざりあってにじみやすくなります。ベースメイクをしっかりして油分を少なくしておきましょう。

 

アイライナー

鏡を真正面からまっすぐみて、目を最大限までぱっちり開けたままの状態をキープしながら、二重まぶたのラインを作りたい場所に、ブラウンのアイライナーで線を引く。

*アイライナーはすぐ乾いて、にじみにくい、リキッドアイライナーがおすすめ。

*目頭から描き始めたら中央でとめて、次は目尻側からまた中央までラインを引きましょう。

*どこに引いたらいいかわからない人は、だいたい目のキワから5、6ミリ上を目安に。

 

アイシャドー

目のキワから、アイライナーで線を引いたところまでのアイホールに、濃い茶色のアイシャドーを入れる。線の上のほうには、同系色で薄めのアイシャドーをいれて、グラデーションを作る。

その後は二重まぶたのラインが薄くなりすぎたときはもう一度重ね、綿棒などでぼかして不自然さをなくす。

 

仕上げ

仕上げに、もう一度マスカラを軽く塗り、冷風ドライヤーで乾かしたら、ホットビューラーでしっかりまつげを上げる。

 

まとめ

いろいろな方法がありますが、一重まぶたに悩む人はぜひ試してみてほしいと思います。とくに、まぶたのマッサージは、目の疲れ癒やしたり、気分をリフレッシュするのにも最適です。

二重まぶたを手に入れると同時に、沈んだ気分まで上手にリセットできるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)