男性から視線を感じるとき『好意の確立は99%』は間違いなのか?

男性から視線を感じるとき『好意の確立は99%』は間違いなのか?

 

自分に向かってくる視線というものには、不思議と敏感になるものです。とくに、それが異性からの視線であったら、戸惑いや疑問が湧き出てきます。

会議中、なぜか何度も同僚の男性と目が合ってしまう。会話をしている間、相手の男性がこちらをじっと見つめてくる。

そんな風に男性の視線を感じると、女性としては、「もしかして、彼は私のことが好きなのかしら・・・?」と気になってしまいますよね。

しかし、果たして本当に、男性が女性に向ける視線はすべて好意の現れなのでしょうか?それとも、女性の勘違い?

この真実がわかれば、女性も対応の仕方を間違えずにすみますよね。そこで今回は、男性の視線に潜んでいる深層心理を紐解いてみたいと思います。

スポンサーリンク

あの男性が、こんな時に視線を向けてきたときは?

女性が男性からの視線を感じたとき、そこに好意があるのか、ないのかを見極めるにはどうすればいいか。

ここは、2つのポイントが重要になってきます。

 

①その男性は、あなたにとってどのような立場の人なのか。

②視線を感じたのは、どのようなシチュエーションだったのか。

 

この2点を踏まえて、男性の深層心理を分析してみましょう。

 

1.見知らぬ男性が、すれ違いざまに視線を投げかけてきたら

これはもう「おお、いい女だな」という声が聞こえてきそうなくらい、あからさまな視線ですね。見知らぬ男性からの、あなたに対する賞賛の視線です。

あなたの外見や、服のセンス、スタイルなどを見て、思わず目を奪われてしまったのだと思われます。

ただし、例外もあります。

「妙な服を着てるな」「髪型ちょっとおかしいな」といった視線の可能性もありますし、「脚がキレイだな~」「スカート短いな~」といった下心満載の視線である可能性もあります。

そういった可能性を排除した上で、とくに人目を引くような妙な点がなかった場合には、男性から「素敵な女性」として認識された、と考えていいでしょう。

もっとも、相手は見ず知らずに近い男性であり、たまたまその時、同じ場所にいただけで、今後出会う予定もないでしょうから、その場限りのことで終わってしまいます。

それでも、男性から女性として「素敵だ」と認められて、悪い気はしませんよね。その日はいい気分で終われそうです。

 

2.同僚男性が、職場でちらちらと視線を向けてくる

男性は単純ですから、女性を見るということは、「その女性に興味を持っている」と考えて間違いないでしょう。

好意があって、どうしても目がいってしまう状態です。

しかし、知り合いの男性が視線を向けてきた場合、気にするべきは、「視線が向けられている」という事実よりも「視線が合ったとき、どうするか」であると言えます。

もし、ちらちら見てくる男性と目が合ったとき、男性がしっかり目を合わせてきた上、にっこり微笑んだとしたら?

逆に、何食わぬ顔で、ふと視線をそらされたら?

この場合、実は後者の「目をそらした男性」のほうが、真剣に女性のことを思っている可能性が高いでしょう。

 

男性がかなりのイケメンだったり、女性との付き合いに慣れているような場合、男性側にもそれなりの自信があって、ターゲットの女性とうっかり目が合っても、慌てふためくことなく微笑むくらいの余裕を見せるものです。

この場合、女性のことが好みではあるでしょうが、遊び半分である可能性も捨てきれません。

一方、ふいに目をそらした男性は、「見ていたことを知られたくない」という羞恥心がそうさせたと考えられます。

自分の気持ちに気づかれるのは恥ずかしい。だから慌てて視線をそらしたわけです。

ただし、実はもう1パターン、ちらちら見てくる場合があります。

たとえば、女性の化粧がよれているとか、顔に何かついているとか、鼻毛が出ているとか、何らかの不自然な状態がある場合です。

「あれ、なんか変だな」

「教えたほうがいいかな…」

という意味で、興味を惹かれ、男性は気になってちらちら見てしまっている、というわけです。

あなたを見ている彼の視線は、どれに当てはまりそうですか?自分の状況などを分析して、男性側の心理を探ってみてください。

スポンサーリンク

3.友人男性がじーっと見つめて話を聞いてくれるとき

喫茶店で2人で話をしているとき。合コンで集まった数人で、話をしているとき。男性が、話をしているあなたをじーっと見つめてきたら?

視線を向けてくるということは、あなたに興味があるのは間違いありません。しかし、どちらかというと、「あなたの話」に興味が惹かれている状況です。

子供のころから「目を見て話しなさい」とよく言われますよね。

話している人を見るのは、マナーでもあります。それにもともと人は、興味のある話をしている人のことを、自然と見つめるものです。

 

ただし、相手が好きな女性である場合、実は男性は、照れのほうが先に立ちます。女性は、好きな人と話をしているときは、きらきらした目でじっと相手を見つめ続けるものです。

しかし男性は、逆。

相手が好きな人となると、恥ずかしくてじっと見つめていることができず、ちらり、ちらりと視線を合わせたり、相づちをうったり、笑ったりすることで、「聞いているよ」というサインを出しがちです。

 

しかし、相手の女性をなんとも思っていなければ、目があっても臆することなく見つめ続けます。話に興味があるだけなのであり、そこに照れる要素が何もないから、目が合っても平気なのです。

会話中というシチュエーションでは、男性にじっと見つめられても、必ずしも好意の現れではないことを、わきまえておきましょう。

 

4.彼氏が自分を見ているときは

彼女が髪を切っても、気が付かない。彼氏ってそういうものですよね。

付き合う前は女性のオシャレやメイクの変化に敏感だった男性が、2年も3年も付き合ってくると、女性の努力に無頓着になってしまうのは、よくあることです。

男性に悪気はないのです。

ただ、彼女の存在がぐっと身近になり、いつも一緒にいる関係になると、男性は、くつろぎやリラックスが得られることを優先しがちなのです。

わざわざじっと見つめたりすることがなくなる代わりに、手を繋いで並んであるいたり、一緒に並んでテレビを見たりするようになります。

女性も、彼氏の視線を感じることは、かなり少なくなるはずです。その彼氏が、こちらをちらちら盗み見てきたり、背中をじっと見つめている視線を感じたとしたら?

彼女としては、うれしく思うよりは、こう問い詰めたくなりますよね。

「一体何なの?ハッキリ言いなさいよ」

そうです。

おそらく彼氏には、何か言い出しにくいことがあるのです。言わなきゃと思っているけれど、言えずにもじもじしているのです。

「察してくれよ」

と思っているのか、もしくは、「機嫌がいいときに切り出そう」と探っているのか、とにかくそういう思いで彼女に視線を向けていると考えられます。

その視線は、好意というよりは、後ろめたさの現れです。

ただし、つきあい始めの時期や、バレンタインデーやクリスマスなどのイベント時に、女性が張り切って着飾ったような場合には、

「俺の彼女って本当にかわいい」

という思いから、男性がじっと見つめてくることもあるでしょう。

 

まとめ

男性の視線には、いくつもの意味が含まれています。ただし、好きな人に男性が視線を向けるときには、

「目が合うのは恥ずかしい」

と思うのが一般的のようです。

見知らぬ男性でも、知り合いの男性であっても、ガン見してくるようであれば、相手の好意を想像するよりは、あなたの顔に何かついているとか、相手が下心ありありで見ているのではないかとか、疑ったほうがいいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

 

 

Subscribe / Share

follow us in feedly

関連記事一覧



LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)